1日限定でメンテナンス不要!?ワンデーコンタクトの雑学を幅広くご紹介

ワンデーコンタクトはソフトコンタクトの中でも最も使用期間が短いタイプで、ソフトコンタクトには2Weekや1Monthなどなどの使用期間が長めの種類もあります。ワンデーコンタクトは、外した後は再利用することができないのですが、他の使い捨てやハードコンタクトはメンテナンスが必須になるので、このような手間を省けるといった利点もあります。きれいにして装用しないと目の病気が起きるなどコンタクトレンズはケアが重要ですが、ワンデーコンタクトなら手間いらずです。

ワンデーコンタクトは安い?それとも割高?

ワンデーコンタクトはソフトコンタクトレンズの中も使用期間が1日のみ、使用期間が過ぎた後はゴミ箱に入れて廃棄が必要です。ワンデーコンタクトは割高になるのではないか、このように考える人も多いかと思われますが日々コンタクトレンズを使う場合は費用負担も多くなりますが、週に2~3回だけといった具合に利用頻度が少ないときに有利です。ハードコンタクトなどの場合は開封してから寿命を迎えるまで2年から3年といわれているため、最初に購入するときの値段が高額なものでも毎日使い続ける人にとって経済的です。この場合、定期的な眼科での検診やハードコンタクトのレンズ状態のチェック、そして日々のケアなどで費用が掛かります。これに対してワンデーコンタクトは商品代金買いお金がかかりませんので利用頻度が少ない人などは経済的に利用できますし、毎回新しいものを使うわけですから衛生的で目の健康にも良い効果を与えてくれる、このようなメリットもあります。

ワンデーコンタクトを使用するときにかかる3つの費用

ワンデーコンタクトは毎日新しいものに交換する視力矯正用のコンタクトレンズですが、一般的にコンタクトレンズを使用するときには眼科での検査・レンズの購入・ケア用品の購入、3つの費用が発生します。眼科での検査はコンタクトレンズを購入するための視力検査や処方箋を受け取るために欠かせないもので、利用している中での定期検査や目の不調を感じたなどの際に発生するものです。ケア用品はワンデーコンタクトでは発生しない部分で、2週間や1か月などの使い捨てやハードコンタクトに必須になる費用です。ワンデーコンタクトレンズ購入をなるべく抑えたい人は、ハードコンタクトだけでなく使い捨てレンズにもアフターサービスを用意している専門店を利用するのがおすすめです。例えば、購入時の割引特典を設けていたり購入したレンズが合わないときなどアフターサービスが充実している専門店を使えば買いなおしなどで余計な出費もなく利用で切るなどの安心感もあります。

ワンデーコンタクトもアフターサービスがある店を利用すると総合的なコスト削減に繋がる

ワンデーコンタクトは、毎日新しいレンズと交換して視力矯正に役立てることができるコンタクトレンズです。毎日新しいものを使うので清潔で衛生的といったメリットがありますが、ワンデーコンタクトは利用頻度がそれほど多くない人に向いていて、毎日使う人は2Weekや1Monthなどある程度長期的に利用できる使い捨てタイプのコンタクトレンズや2~3年続けて利用できるハードコンタクトなどの選択肢があります。1週間の中で休みの日だけ使いたい、スポーツするときだけ装用する際に最適なのがワンデーコンタクトです。ちなみに、ワンデータイプには色付きのカラーコンタクトもあります。カラーコンタクトは度がないタイプと近視用や遠視用など度付きなどもあるので、視力が悪くない人はもちろん視力が悪い人でも黒目の色を変化させてオシャレを楽しむなどのときにも便利です。休みの日にオシャレをして外出したいときなどカラーコンタクトを使えば、休みを充実した時間になるのではないでしょうか。また、ワンデーコンタクトはアフターサービスが充実しているお店を選べば、初めての人も安心して購入できます。

ワンデーコンタクト以外の使い捨てタイプとのコスト比較

ワンデーコンタクトは、毎日使うとなると割高になりますが、利用頻度が少ない人が使えば常に新品を利用することになるので衛生的といったメリットもあります。ワンデーコンタクトは、使い捨てタイプのコンタクトレンズですが、他にも2週間や1か月間利用できるタイプもあるのでニーズに合わせて選ぶことができます。ワンデータイプ以外の使い捨てコンタクトレンズのコスト比較をすることで、自分に合うものを見つけることができます。1箱2,500円のワンデーコンタクトを毎日使用すると、約6万円のお金が必要ですが必要コストは眼科の診療代とコンタクトレンズの購入代金のみです。1箱2,500円の2週間タイプを年間8箱使うと年間2万円ですが、これにケア用品代として8,000円が掛かれば年間の費用は28,000円です。1箱2,500円の1か月利用できるタイプを1年間8箱利用してケア用品代金で8,000円を加算しても、28,000円で済みます。いずれも適切なケアをした場合で、ケアなどメンテナンスの手間がかかることも計算に入れておく必要があります。

ワンデーコンタクトの詳細に関する情報サイト
ワンデーコンタクトの雑学

このサイトでは、1Dayタイプのコンタクトレンズの雑学について幅広くご紹介しています。コンタクトレンズにはハードやソフトなどの種類がありますが、1Dayタイプはソフトに分類されるもので、使い捨ての中では最も短いなどの特徴があります。一度外したらゴミ箱に捨てる形になるのでメンテナンスが不要ですが、ここではコストパフォーマンスが高いワンデーコンタクトの使い方、このような視力矯正アイテムはコンタクトを使わない日が多い人などに最適、このような内容を解説しています。

Search